隠しカメラ用マイクロSDカードの選び方

メモリ

隠しカメラを選ぶ際マイクロSDカードが付いているかどうか確認を

当店で取り扱っている隠しカメラにはマイクロSDHCカードが最初から付属しているものと、そうでないものがあります。付属しているかどうかはスペックの欄に記入してありますので間違えないよう確認してからお選びくださいね。もし、既にマイクロSDカードを沢山持っているという場合、付属していない隠しカメラを選ぶようにするほうが、安く手に入れることができます!

隠しカメラ用メモリ

最大の対応メモリサイズに注目

隠しカメラの種類によっては対応しているメモリの最大数が異なります。
例えば4BG、8GB、16GB、32GBの4種類ありますが、カメラによっては
8GBまでの対応だったり、32GBまでOKだったりと、異なっています。
そして隠しカメラは超小型である為に、メモリの大きさも極小サイズと
なっています。マイクロSDカードのサイズは11mm×15mmで、
薄さはわずか1.0mmしかありません。

マイクロSDHCメモリーカードとは

ファイルシステムをFAT32に対応させることを可能にしたメモリ形式。
今までは2GBが上限だったものを最大32GBまで対応可能にしたのが
このSDHCカードなのです。動画撮影にはこのSDHCの仕様が
向いています。当サイトで取り扱っている隠しカメラはこのSDHCカード
をお選びになれば良いでしょう。

SDメモリーカード変換アダプタについて

メモリをどうすればパソコンに取り込む方法としては、
パソコン自体にメモリーカードを差し込めるタイプの機種であれば
そのままお使いいただけますが、一般のパソコンはマイクロSDカードサイズ
の小さなサイズではなく、1つ上のSDメモリーカードのサイズのものが
大半だと思います。その為、SDメモリカード変換アダプタという
ものを使えば、サイズを合わせてくれます。
(SDHCカードとも言います。)

SDカード変換アダプタ

USB変換アダプタについて

上記の図にもあるように、マイクロSDカードをUSBに変換してくれるものも
あります。こちらのほうが使いやすいかもしれませんね。パソコンには必ず
といっていいほど、USBの差し口が付いていますので、USB変換アダプタ
が役立つことでしょう。これらの変換アダプタが付属したマイクロSDカード
セットを当サイトでも取り扱っていますので、持っていない人は
そのセットを選ぶと良いでしょう。

ご意見投稿お待ちしています!!