防犯対策に役立つ技と方法例

防犯対策

防犯対策に役立つ技とは

隠しカメラは主に防犯対策に役立つものです。たとえばお店のレジや、1人暮らしの部屋といった場所に仕掛けることで、万が一の時の泥棒の犯行を記録することが出来ます。では一体どんな活用方法があるのか下記に例をだして説明してみたいと思います。

お店ならレジスターの近くに隠しカメラを

もしレジの金額が合わない等のトラブルが数回起きた時は、隠しカメラを設置してみるのも1つの方法です。 疑うことを避けるためにもしっかりと記録することで、疑いを晴らすことが出来ます。 また原因の追求にも役立ちますので、倫理的な範囲内で記録するのも1つの方法です。スタッフにも分かるように防犯カメラを設置してしまうと、死角を知られてしまいますので、ここはあえて隠しカメラを仕込んで防犯対策しておくという方法が効率的かと思います。

レジスター

隠しカメラにあわせて偽の防犯カメラを設置

防犯カメラの設置の維持には、意外と費用がかかってしまう事もあります。 例えばマンションの防犯カメラの場合、大きい所で1000万近くかかってしまうこともあるのです。 もしコストを最大限に抑えたい場合、ダミーの防犯カメラを設置する方法もあります。 目立つ所に防犯カメラを設置することで抑止力がありますので、活用してみるのも良いでしょう。

一人暮らしの家に効率よく設置しよう

家族で住んでいる場合、大所帯の場で隠しカメラを室内に設置するのは、防犯対策といえどちょっと気が休まりませんよね。けれど1人暮らしで、外出する際に隠しカメラをONにしていくという使い方なら、遠慮なくしっかりと防犯対策として活用できると思います。もし家族で利用したいというのなら、普段は立ち入らないタンスの前や金庫の前といった限定的な使い方をすると良いでしょう。

鏡を活用して広い範囲を撮影しよう

隠しカメラはカモフラージュしてカメラを仕込んでいる事が多いので、撮影範囲が限られている場合があります。しかしそういう場合でも、鏡を使えば、広範囲を撮影することが可能になります。例えば鏡の反射を活用すれば、死角もしっかりと撮影できるようになります。少し大きめの鏡をさり気なく室内に配置することで、広範囲を撮影できるようになります。

鏡

ご意見投稿お待ちしています!!