コスプレイベントでの撮影マナー

コスプレイベント

コスプレイヤーの撮影イベント

ハロウィンの仮装パーティや漫画やアニメのコスプレイヤーのイベントの際にもカメラが大活躍しますね!ただし隠しカメラは控えた方が良いでしょう。人物を撮影する場合、事前に許可をとってから行うのがマナーです。

ハロウィンの仮装コスプレ

ハロウィンでは、魔女やドラキュラ、そして海賊やお姫様といったホラー系のコスプレをするのが一般的です。 そういった衣装はこちらのハロウィン衣装で色んな種類の衣装を手に入れることができます。 ハロウィンだからこそできる仮装を楽しみつつ、いい写真が撮影できると良いですね!

ハロウィン

コスプレイベントでの撮影マナー

大阪の南港にあるATC前では、定期的にコスプレイベントが開催されています。また同人誌販売などのコミケが開催される際に、コスプレ参加OKの場合もあり、 アニメやゲームの登場人物のコスプレをして撮影を行う姿をよく見かけることができますが、 その際、もし第三者の方の撮影を行う場合は、必ず事前に許可を得てから撮影しましょう。 そしてその写真を勝手にネットにアップして一般に公開してはいけません。これも必ず事前に許可を得る必要があります。 このマナーを守って撮影会に参加しましょう。

撮影許可を得た状態で隠しカメラを防犯活用

防犯対策という意味で隠しカメラを使う場合なら活用できると思います。例えば、コスプレイヤーの場合、少し薄着をするケースもありますので、一般カメラ小僧とのなんらかのトラブルに巻き込まれやすいと聞いています。もしトラブルが発生したら、ボイスレコーダーとしても活用することができますので、防犯用に持ち歩くのも1つの方法です。

ご意見投稿お待ちしています!!