色の調整で写真をより美味しそうに見せる方法

ビフォー写真

色の調整で写真をより美味しそうに見せよう

この写真は実は松阪牛の箱の写真です。
でも室内でライト無しで撮影したので、薄暗くて
とても魅力的な写真には見えません。しかし
フォトショップ等のイメージエディタツール(ドローツール)
を使えば見違えるほど美しく補正することも可能です。
しかしその方法は何通りもあります。
ここではその方法のいくつかをピックアップして
レクチャーしたいと思います!

カラーバランスで色を調整する方法

カラーバランス

カラーバランスというツールを使えば、微妙な色の
部分まで繊細に調整ができます。シアンかレッドか。
マゼンダかグリーンか。イエローかブルーかメモリを
調整して色を変化させることができます。

カラー調整後の写真

このように、少し暖色系の色合いに調整してみました。
メモリの調整にはちょっと慣れが必要ですが
繊細にこだわりがある方にはお勧めの方法です。

トーンカーブ編集

トーンカーブ編集

コントラストを調整できるのがトーンカーブです。
この線グラフのようなものを、ドラッグして明暗のバランスを
調整することができます。

トーンカーブ調整後の写真

これがトーンカーブを使った後の写真です。
暗い部分が薄くなって、明るさがグッとましたと思います。
もし日陰の写真を撮影してしまったなら、このトーンカーブの
機能を使って編集すれば美しい写真に補正できます。

レベル補正を使う方法

レベル補正

トーンカーブとは違って、より数値で繊細に
調整することができるのがレベル補正です。
数値を調整する方法とゲージをドラッグして
調整する方法で柔軟に調整が可能です。

レベル補正後の写真

このように、ぐっと明るめの写真に編集することができました。

レンズフィルタ機能を使う方法

レンズフィルタ機能

このレンズフィルタの機能は、一発で暖色系か
寒色系かにカラー調整することができます。
大変すばやく、誰にでも簡単に調整できるので
重宝する機能だと思います。

レベル補正後の写真 

これは編集後の写真です。
このレンズフィルタは、暖色系だけでも数種類の調整が
一発でできるようになっています。沢山の写真を一斉に
補正したいときにはこの機能を活用すると便利ですよ!

ご意見投稿お待ちしています!!