マンションと一軒家の防犯内容の違い

マンションと一軒家

マンションの防犯対策事例

(丼さんの体験談)

マンションに元からついている窓の二重の鍵や、
インターホンが鳴って訪問者がカメラに映るという事、
二重のドアの鍵施錠が出来るという事はマンションを借りた一番の理由です。

ちゃんとオートロックのある所なので、変な人が入っていれば警備員や警察をすぐ呼べますし、
これ+何か防犯対策をするなら、
窓やサッシなどにもう一個壊しづらい気づかない箇所に鍵をつけて、
それが壊されたと同時に警察に連絡が行くというのを設置しておいて、
その映像をどこかで撮っておいて、
スマホにも映るようなアプリがあったら凄く安心するような気がします。

そしてボタンサイズの隠しカメラを壁の飾りに穴を開けたり、
お金が入っている入れ物につけておいて、
犯人の顔をハッキリ写せる位にしておきたいです。

他にも容姿や特徴をはっきり捉えられるような場所に設置しておく事や、
出来ればくっつき虫みたいな感じで犯人の足の裏にいつの間にかGPSがくっついて、
変な動きがあればすぐ知らせてくれて捕まえられるよう追いかけて行ける物も欲しいです。

一軒家の防犯対策の事例

(紫陽花さんの体験談)

一軒家に引っ越したため、防犯に対する関心が高まりましたね。

特に気を付けていることは、家の裏側にある横すべり窓に関してです。
人ひとり、無理すれば通れる大きさの窓ですので、割られたら入られてしまいます。
なのでなるべく、家の裏側が死角にならないようにと、足場になるものを置かないことなどを意識しています。
また、家の裏側のみ防犯砂利を敷くことも検討しています。

理想を言えば、防犯カメラは欲しいところです。
我が家は玄関先よりもやはり家の裏側、隣家と接地する側が危険だと思うので、このあたりを中心に監視できるカメラがあるといいなと思います。
カメラで監視しても、入られてしまっては元も子もないので、事前に侵入を防げるように、防犯カメラが設置されていることを侵入者に意識させられるようにした方が抑止力になるかと思います。

今は、ボタンくらいの大きさのカメラなんていうのもあるのですね。
もし設置するとしたら、家の防犯というよりも子供のいたずらを監視したり、という使い方なんかもいいなと思ってしまいます。
あとは、家の前にコンビニのごみが捨てられていたり、などということがたまにあるので、そういうのを監視するのもいいかもしれません。

まとめ

2つの事例を見ていると、双方の特徴が見えてくると思います。デフォルトではマンションは一軒家に比べると飛躍的にセキュリティが強いのが魅力的です。ただし一軒家は管理会社も通さずに自由に監視カメラを設置しても良いという自由度があります。一軒家は1F部分が存在しますので、より強固な防犯対策が必要です。マンションなら上層階に住めばベランダ側からの侵入はある程度安心です。双方ともにメリット・デメリットを見てセキュリティを強化していきましょう。

ご意見投稿お待ちしています!!