エレベーターカメラに泥棒が映らなかった失敗談

エレベーターカメラ

マンションに泥棒が侵入した体験談

こないだマンションに泥棒が入りました。玄関から入ったようです。マンションのエントランスホールには防犯カメラの映像が見れるように設置してあります。マンションの何か所かにある防犯カメラの映像を流しています。防犯カメラがあれば安心だなと思っていたのですが、今回入られたことで、あまり意味がないことに気づきました。映像を流すことでどこにカメラが設置してあるかがまるわかりなので、どうなのかなと思います。犯人がこの場所には設置されていないと確認できるからです。

エレベーターカメラの映像を流すのは無意味

今回も防犯カメラには全く写っていませんでした。マンションのエントランスやエレベーターによく防犯カメラの映像が流れていることがありますが、これはまったく意味をなさないですね。エレベーターにモニターが付いているのはどの基に何人乗っていて、どのエレベーターに乗れば効率よく移動できるのかを知る目安になる程度だと思います。

死角の無いエレベーターカメラで対策

死角を逃さない防犯カメラが欲しいものです。例えば360度回転するカメラだと良いですね。一方、エレベーターに限らず自宅でできる手作りの簡易的な防犯対策としては、玄関にベビーカーを広げておいて、おもちゃなどをたくさんぶら下げるという方法もお勧めです。我が家でも少しでも動かすと鈴の音がするようにしています。あと、服のボタンサイズの隠しカメラは玄関扉に設置したいです。180度見ることができれば誰が近づいてきたかがわかると思います。各家庭に1つずつ設置してくれたら安心ですね。

ご意見投稿お待ちしています!!