防犯カメラの進化アイディア

都会

日本は世界の国や地域の中では、犯罪が少なく
治安の良いほうだと言われますが、
それでも犯罪は後を絶ちません。

昔は玄関の鍵など掛けなかったという話も聞きますが、
そんな無防備な状態では、泥棒に入ってくれと言わんばかりです。

私の防犯対策とは

自宅玄関の引き戸には、面倒ですが
可動部の真ん中と端に異なる鍵を付け
また玄関前のアプローチには正規の門扉を開けて
入らない場合には、踏み締めて歩くと音がなる
防犯用の軽石を敷き詰めています。

これで空き巣対策が十分とは思いませんが、
現在の民間のセキュリティー会社に加入しても、
宝石店に対する夜間の荒っぽい窃盗のやり口を見ていると、
本当に効果があるのか少々疑問に感じます。

防犯のために、センサーやカメラが感知すれば、
セキュリティー会社は警察に通報し、
そのセキュリティー会社の警備員も駆けつけるものの、
間に合わない事が多いようです。

防犯カメラへの今後の進化の提案

それなら、自分で簡単に防犯カメラが取り付けられ、
そのカメラが必要範囲に向けて可動設定でき、
人を察知すると証拠として映像を残すと共に、
大音量の警報音を発し、近所の人に知らせる事ができ
かつその音量で窃盗犯が逃げ出す抑止力を持たせる様な
防犯カメラが安価にあれば良いと思います。

音

自分自身を守る小型カメラを活用

自宅を窃盗犯から守る事も重要な課題ですが、
一方で街に出れば常にスリなどの危険性にも遭遇します。
男性の場合は、財布をズボンの尻ポケットに入れる事が多く、
これがスリに遭う危険性を高めている事は分かるのですが、
鞄に入れておけば、忘れたり置き引きに遭う危険があり、
良い対策がありません。

こんな時に、カメラが更に小型化し、シャツやスーツの
上着の首筋やベルトに装着し、それをウエアラブルの
小さなモニターに写し出し、まるで後ろに目があるかの
ようにできれば、スリ被害を防止したり、
様々な犯罪被害や交通事故に遭う事も低減できる
だろうと思います。いつかは、そんな日が来ると良いですネ。
(キューピーさん)

ご意見投稿お待ちしています!!