家の周りに死角を作らないこと

 一軒家

防犯対策の事例

家の周りに死角を作らないこと

我が家の防犯対策はまず、家の周りには目隠しになるような物は置かないようにしています。それと、家に近づくとライトが点灯します。砂利などを敷くのも良いそうですね。我が家ももちろん敷いています。防犯対策は家中の窓ガラスにもされています、かなり強度に作られていまして、しかも鍵の備え付けてある箇所が一つの窓ガラスにつき二つ付いています。

さて防犯カメラについてですが、玄関とリビングの大きな窓二階のベランダや、お風呂場にも欲しいですね。こういうカメラはいくつでも付けて置きたいです。強い雨や風にも強くて壊れにくい物。夜間の映像であっても、しっかり役目を果たしてくれる物です。防犯カメラは安い物で三千円代から購入出来るそうです。年頃の娘もおりますので備え付けていて損は無いですよね。 服のボタンサイズの防犯カメラがあるとしたら一人で人通りの少ない場所などを歩いている時に自身の胸元にさりげなく装着出来る物が良いと思います。子供達の外出時にも役立ちそうですね。 犯罪が自分には降りかかる事は絶対無いとは断言出来ませんから、こういった対策もやはり考える必要が一人一人あるように考えさせられます。

ご回答ありがとうございました

もし一軒家だったら、こういう防犯対策が役立ちそうですね。
マンションの場合、上層階なら窓の周りを気を使うことはないのでしょうが、一軒家は1Fから3F近くまでしっかりと独自の対策が求められるのだと思います。私の家はマンションなので、一軒家ならではのチェックポイントを知ることができて大変興味深いです。ご意見ありがとうございました!

ご意見投稿お待ちしています!!