子供に小型カメラを持たせるときの注意

 学校のロッカー

防犯対策の事例

子供に小型カメラを持たせるときの注意

我が家の防犯対策としては月並みではありますが、 寝る前の戸締りチェックと出掛ける前の戸締りチェックです。 他にはそれほど意識的にやっているものはなく、 あえて挙げるなら、訪問販売等への対策でしょうか。 子どもがまだ小さいので、 誰かが来て玄関のインターホンを鳴らすと子どもたちは走って行って鍵を開けようとします。 なので家族全体の約束事として誰か訪ねて来ても安易に玄関を開けず、 まずはインターホンで確認してできるだけ開けずに済ませるようにしています。 防犯カメラに関しては昔から欲しいと思ったことがあり、 買うと高いのは分かっているので、自分でダミーだけでも作って玄関のところに あからさまに目立つように設置しておけば、 それだけでも防犯効果があるのではないかと考えたことがあります。

もし私が防犯カメラを設置するとすれば、 性能面より、玄関側と道路の反対側になる家の裏側に取り付けたいので 最低2台欲しいと希望します。 ボタンサイズの隠しカメラと聞くと、 正直あまり良い使い方を想像できませんが、 ちょっと考えてみると、子ども自身に取り付けて 通学時にどのようなルートを通っているのか、どのような行動をしているのか、 危険度を確認してみたいと思いました。

小型カメラは子供を守るために活用できそうですが、学校に持っていくのは禁止、とされているのが殆どなのではないかと思います。また、子供が持っているとついつい遊びに使ってしまって、学校の先生に怒られてしまうなんてことがあるかもしれません。中学生ならまだ自制がききますが、小学生の間は、しっかりと使い方を指導しておかねばならないと思いました。また、お使いに出かける程度のものなら、小型カメラを身につけさせて終始録画しておく、というちょっとした外出時に役立ちそうですね!

ご回答ありがとうございました

確かに低学年の子供には、まだ難しそうですね。楽しいおもちゃの1つになってしまいそうです。私の娘も小学生なのですが、練り消しを持っていっただけで、怒られてしまいました。そういう持ち物は基本的に禁止されているところも多いので、ランドセルに身につけさせておくようにしたり、お友達の前に出さないように、内緒で持ち歩かせるようにするのが良いのかも、と思いました。

ご意見投稿お待ちしています!!