玄関のセキュリティーアップの事例と注意点

玄関の二重施錠

我が家の玄関ドアにはこの写真のように2重ロックがデフォルトで付いています。
さらにU字型ドアチェーンも付いていますので防犯対策は万全です。
ただし先日のニュースでもあったようにU字型ドアチェーンには
セキュリティホールがあります。

ですので、風通しを良くするためにドアチェーンだけかけて
放置しておくことはできません。外から簡単に開けられてしまうからです。
ただし私の住んでいるマンションはインターフォンカメラの自動録画機能
が付いていますので、ある程度は安心です。しかし、ピンポンを押下
しなければ録画開始されませんので、訪問者しか記録してくれないのです。
尚、マンションなのでオートロック機能と、エレベーターの監視カメラで
ある程度はセキュリティが高められています。

ドアチェーン

覗き穴が塞がれている時は最新の注意を

どこの家にも覗き穴は付いていると思います。
ここは普段からしっかりレンズを掃除しておきましょう。
万が一、訪問者があったのにのぞいても真っ暗で見えない時、
レンズが曇っているだけだ、と思わないようにしましょう。
相手が塞いでいる可能性が高いからです。
そういうときは必ず、安易に開けず様子を見ましょう。
ちなみに我が家の場合、インターフォンカメラの映像を
家の中から見ることができます。

ドアスコープ

玄関の自動点灯機能は外出時でもONしておこう

最近のマンションには、大抵、自動点灯する照明が
玄関についていると思います。これは人感センサーで
反応するもので、先日記事にしたこの記事と同じです。
カメラと併用すると防犯効果が上がります。ただ、留守を
していると気付かれている場合は、威嚇にはなりません
ので注意が必要ですね。

玄関パネル

夏の暑い状況だと反応が鈍くなることがあるそうです。
その点にも留意しておきましょう。

自動点灯パネル

玄関に鏡を付けておくと録画範囲が広まる

我が家の玄関には大きな姿見のミラーが設置されています。
これについても以前に記事にしましたが、鏡に反射するものを
撮影できるので、録画範囲が広まります。

玄関の鏡

このように足から頭までの大きさの大きな鏡を設置しています。
これで玄関周囲まで広く反射してくれます。
鏡を沢山置くことで防犯につながる上に、部屋が広く
見えるというメリットがありますので、設置をお勧めします。

ご意見投稿お待ちしています!!