外付けハードの写真をビューアで活用する方法

写真ビューア

長い間コンパクトデジタルカメラを使っていましたが、
旅行や日常などでこれまでよりも良い写真を残したいと
思い始めたことから、ミラーレス一眼レフを買おうと思い立ちました。

お盆に箱根へ旅行する予定なので、
それまでにと思い購入したのはOLYMPUSのPEN e-p3ホワイト。

ミラーレス一眼だけどごつくなくて、
とってもスマートで可愛いルックスです。
コンパクトデジカメに比べて操作による仕上がりの違いが
大きいので、いま必死に勉強中です。

撮影した写真データはまずはパソコンへ

さて、撮った写真はまずパソコンへ入れています。
イベントごとにフォルダを分けて、
しばらくはパソコン上ですぐに見られるようにします。

容量が一杯になれば外付けハードディスクへ移動

でもデジカメの写真は容量を食うから、
どんどん足していって全部パソコンに保存という
わけにはいきませんよね。しばらく経って容量が
きつくなってきたら、古いものから
外付けのハードディスクに移しています。
常に新しいものがパソコンにある状態です。

ハードディスク用のライブラリを作成してより便利に

でも、そのままお蔵入りになるのはもったいない。
そこで、ハードディスクをつないだ時に
すぐ見られるよう、ビューアになるソフト(私の場合はiPhoto)で
ハードディスク用のライブラリを作っています。

ビューアを開く時に、ハードディスク用の
ライブラリを選択すれば昔の写真もサクサク
見ることができてとても便利です。

こうする前はCD-Rにシーズンごとに
保存していたのですが、ハードディスクの
ライブラリ方式のほうが断然使いやすいです。

ボールペンサイズの超小型カメラは、
使うとしてもメイン機にはしないかなと思います。
持っていて安定しなさそうだし、
機能面で大きなカメラに匹敵するとは思えませんから。

でも常に鞄に入れておいて、
何かの時にちょっと使うのには良さそうですね。
携帯電話のカメラよりもっと気軽な感じで。

USB端子が付いているなど
パソコンへ繋ぎやすかったり、
wi-fiを使って通信しやすかったら
用途の幅も広がると思います。