写真がもっとうまく撮れる構図

写真の構図

最近は一眼レフやミラーレスカメラをも多く、携帯電話やスマートフォンにもカメラはついています。以前に比べて写真を撮る機会も増えていると思います。いつもの写真よりももう少しいい写真を撮るために構図を使ってみましょう。

構図の大切さ

みなさんは写真を撮るときに構図を考えて撮っているでしょうか。よい写真は主題がはっきりしています。逆にたくさんの物が写っている写真は主題がぼけてしまい、印象的なものになりません。主題をはっきりさせるために、不要な情報を排除する必要がありますが、そんなときに便利なのが構図です。基本的な構図を使って撮影することで、余分な情報を取り除き、主題を明確にすることができます。

ぜひ活用したい三分割法

写真の構図として最も使いやすいのが三分割法です。画面の縦と横にそれぞれ2本の線を引いて画面をそれぞれ三分割します。三分割法には二つの使い方があります。一つは三分割した線を活かして、その線を軸に構図を決める方法です。例えば、画面の下3分の1の線に山の稜線を置いて、画面の上3分の2が空といった構図です。空のスペースを大きくとることで、空間の広がりが感じられます。

また、もう一つは、縦横の線が交わった点に被写体を置く方法です。悪い構図の例としてよくあげられる画面の中央に被写体を置く日の丸構図よりも、ずらした地点に被写体を置くだけで、写真の印象ががらりと変わります。被写体が引き立つ写真となります。

シンプルだけど少し高度な二分割法

三分割法では縦横それぞれ2本ずつの線を使いましたが、二分割法は線の1本使って画面を分割します。分け方としては、水平線で分けるもの、垂直線で分けるもの、それから、対角線に近い形で画面を分割する方法も用いられます。二分割法は主題が分割したそれぞれにとれる分、三分割法に比べて、主題があいまいになりがちです。

しかし、画面全体に目がひきますので、奥行きや広がりを表現しやすい構図です。例えば、垂直線で画面中央を分割した場合、手前は広がりを感じ、奥は遠近感と立体感が感じられます。また、対角線を用いると、長い直線を表現できるので、画面に動きを出すことができます。二分割法は三分割法に比べて少し活用が難しいですが、ぜひ覚えておきたい構図です。