動物のかわいさ、躍動感を引き出す写真撮影術

カメラのフイルム

動物を見たら思わず写真を撮りたくなってしまいます。かわいらしさや表情をうまく切り取るためのちょっとしたコツをご紹介します。

ペットの犬や猫をかわいく撮ろう

ペットにしろ野生にしろ、動物を撮影する場合は絞りを開け気味にして、速めのシャッタースピードを使うのが基本です。絞りを開け気味にするのは背景をぼかしやすくするため、速めのシャッタースピードは、動物はジッとしていてくれないので、被写体がぶれるのを防ぐためです。

犬を撮る場合、やはり緑の広場がキレイに撮影できます。ピントは目に合わすようにしましょう。構図については、一匹で正面を向いた形で全身を撮影するなら、いわゆる日の丸構図と呼ばれる真ん中に被写体を置いたもので問題ありません。横を向いている場合は、三分割法を活用して、目線の先を広くとると、安定した構図になります。

複数のペットを被写体にするときは、それらのペットの目がカメラと同じ距離になるようにすれば、それぞれにピントを合わすことができます。表情のアップを撮る場合は、目が画面中央に来るように配置すると、かわいらしさがストレートに伝わるでしょう。

動物園でたくさんの動物たちを撮影しよう

動物園ならいろんな種類の動物がいますので、被写体には困らないでしょう。ただ、オリや柵に囲まれていますから、広角レンズでの撮影は難しいです。ペットを撮影するように近づくことができないので、広角レンズの良さが活きません。動物園での撮影には望遠レンズがおすすめです。撮影場所も限られていますから、寄ることができる望遠レンズは大変重宝します。

動物の撮影には、時間をかけて根気よく待つことが大切です。持ち込み可能なら三脚があった方がよいでしょう。やはり動物の目の位置に注意しながら撮影するのがポイントです。複数を撮影する場合もそれぞれの目にピントが合うように気をつけましょう。目を中心に考え、横を向いているときは、目線の先にスペースをつくると印象的な写真になります。