明暗センサーと人感センサーで自動点灯するライト

 自動点灯ライト

センサーライトを実際に導入してみた感想レポート

明暗センサーと人感センサーで自動点灯するライトを
今回、実際に購入して導入してみました!
amazonで1890円で購入できたという簡易的なセンサーライトです。
これより安いセンサーライトもあったのですが、口コミで好評だった
のでこのセンサーライトを選んでみました。

自動点灯ライトパッケージ

サイズは弁当箱2つ分ぐらいの大きさ

このセンサーライトの大きさは、弁当箱ぐらいの大きさです。
2つ分あわせた感じですね。玄関に配置予定なので
これぐらいの大きさが一番調度良いのではないでしょうか。
あまり大きすぎるとつまずいてしまいますし、廊下や階段の
脇に設置するならこれぐらいが良いと思います。

LEDライト

単2電池4個で稼働

このセンサーライトは単2電池を4つ消耗します。
しかしレビューを見ていると、何年も使っているのに全然
電池切れにならない、という感想もあり好評のようです。
仕組みとしては、明暗センサーが付いているので
明るいところでは点灯しない仕組みになっています。
ですので電池をなかなか消耗することが無いのでしょうね!

人感センサーライトの中身

防犯対策の強化の為に玄関にセンサーライトを設置

さっそくこのセンサーライトを玄関に設置してみました!
人感センサーが届く部分に設置するのがポイントです。
泥棒がこっそり暗闇に中に入ってきたとしても、
このセンサーライトがあれば、サッと明るく照らして威嚇
してくれることでしょう。

人感センサー部分

玄関に設置したライト

玄関の人感センサー

防犯カメラと併用すると尚、しっかり証拠保存に

動体検知の機能がついている隠しカメラも、このセンサー
ライトで明るく照らされた状態なら、自動撮影開始
してくれます。つまり、動体検知の隠しカメラと、この
センサーライトを併用すれば、夜間の動体検知撮影
も可能になるということです。赤外線ライトが付いていない
隠しカメラなら、これを併用すると良いでしょう。
こういう暗視カメラの中でも、赤外線ライトを手動で照射
しなければならない場合は、センサーライトをうまく
併用して活用すると良いですよ!

人感センサーライトの様子

ご意見投稿お待ちしています!!