田舎の防犯対策の強化例

田舎

田舎だからといって不用心にはしておけない時代に

田舎なので、以前はご近所でも玄関のドアに鍵がついていない、
などというお宅も結構ありました。
でもさすがにここ十数年で減ってきました。
いまだに出かけている時はつっかえ棒、というお宅もありますけど…。

そんな田舎な我が家でも、最近は団地の中に泥棒が入ったなどという
物騒な話をよく聞くようになりました。
家でも、玄関先のソーラーライトが盗まれたり
もうすぐ咲きそうだったお花が植木鉢ごとぬすまれたりと
いう事がありました。

田舎でできるささいな防犯対策方法

これが家の中の物までなくなるような事になったらちょっと怖いので
勝手口のドアへ続く通路に砂利をしいてみたり、
玄関のドアや、勝手口のドアの横に、「防犯装置作動中」のシールを貼ってみたりしています。
これでどの程度の効き目があるのかはわかりませんけど…。

番犬が頼りになるとは限らない例

できれば出入口を監視できるように、2箇所位に防犯カメラを設置したいですね。
番犬は居るのですが、人が来ると喜んでお出迎えしてしまうタイプなので、
ナデナデされて、簡単に通られてしまいそうです。
他にも何か対策が出来ないか、検討中です。

ご意見投稿お待ちしています!!