近所の人がいきなり家に入ってくる田舎のケース

田舎の家

田舎だからオープンな状況

普段の防犯対策は鍵を常にかけることしかやっていません
私の住んでいる家は結婚したときから、
旦那の親との2世帯住宅なのですが玄関は1つです。
でも下町ということもあり、近所の人はいきなり
玄関から入ってくることもありました。

昔ながらの慣例はなかなか変えられない

私は旦那の母に普段は鍵を閉めておいたほうが
良いといいましたが、聞く耳をもちません。
玄関の土間がオープンな作りになっているせいもありますが
近所付き合いを完全に信用しているという点と
田舎だからこそ、見知らぬ人や車が通れば、あっという間に
注目されて警戒できるという特性があるからですね。

IP隠しカメラの設置で防犯対策を

でも最近は物騒なので、やはり昼間でも鍵を閉めるように
してもらいたいと思っています。そこで考えた方法が
インターネット接続ができるIP隠しカメラの設置です。

このIP隠しカメラはインターネットにつながっているので
田舎のように遠くまで離れた場所でも、遠隔操作ができます。
機械に詳しくない母のかわりに、しっかりと監視カメラの
機能を果たすことができます。万が一、母が痴呆になって
しまっても、その兆候を知ることができるかもしれません。

それにうちは高齢者もいますので、簡単に扱えるものが望ましいですね。
服のボタンサイズの隠しカメラを設置できるのであれば、
やはり金庫を置いている部屋にそれとなく仕込みたいですね。
あとは玄関の前に仕込んで欲しいです。

うちはアパート経営もしていますので近所では
結構目だっていると思うのです。共用部分にIPカメラを設置
しておき、管理人が監視できるようにしていきたいと思います。

ご意見投稿お待ちしています!!