音と映像で行う防犯対策まとめ

日本

治安が良いと世界的には見られている日本ですが、
目を覆うような事件から日常茶飯事に
行われている事件など、多くの犯罪が存在しています。
そのため、警察などの公的機関がしっかりしていても、
やはり自主的な防犯意識こそが必要不可欠ではないかといえます。

こうした現状を踏まえ、私の考える防犯対策としては
2点ほどあります。それは、音と映像です。

音で行う防犯対策とは

音とは、空き巣対策として自宅周囲に音の大きくなる
を敷き詰めたり、施錠した窓を開けると警報音が鳴る
などの対策です。自分自身が、こっそり忍び込むことを
想定した場合、音は極力抑えたいものだと簡単に
推測できることからも有効な手段だといえます。
また、音だと、目が悪いご家庭でもしっかりと異変に
気付くことができます。

映像で実施する合板対策とは

続いては映像。
音の場合は未然に防ぐことが想定ですが、
映像の場合は事前と事後の両方を想定して
使用できます。防犯カメラが目に止まる場所にあれば
それだけで防犯の対策になりますし、
見つかりにくい場所であっても犯人の映像が残っていれば
逮捕や捜査のための大きな力になります。

自分が犯人だとわかる証拠を残して
犯行には及ばないはずです。
ゆえに、もしも無料で防犯カメラを設置できて費用を
気にしないのいいのであれば、いかにも防犯カメラといった
存在を設置して抑止力とし、隠しカメラのように犯人の顔や
特徴を映し出す2種類のものを数箇所に設置したいです。

都会

有力な証拠能力を持つ動画

また、動画などの撮影した映像は有力な証拠能力を持ちます。
例えば、金銭がらみの話し合いをする場合や、
法的な話し合いをする場合は、洋服のボタンサイズの
隠しカメラをスーツやバッグなどに仕込んでおけば
有力な証拠となります。言った、言わないの
水掛け論を挟む余地もなくなります。

自主的な防犯も欠かせない

本来ならば、防犯をする必要もない世界こそが
望ましいのですが、現状のありようを正しく把握し、
自分自身と自分の大切な人を守るためには
自主的な防犯も欠かせないものだと認識すべきだといえます。

カメラひとつでそのリスクを軽減できるのであれば、
積極的に取り入れるのも有効な手段だといえるはずです。

ご意見投稿お待ちしています!!