誰にもできる簡単な防犯対策のまとめ

防犯対策

一人暮らしで行う防犯対策

進学や就職を機会にひとり暮らしを始める人も多いでしょう。
しかし、楽しいはずのひとり暮らしは、犯罪が忍び入りやすい環境とも言えるでしょう。 私が日常生活の中で行っている防犯対策は、決して特別なものではなく、誰にもできる簡単なものです。

ドアの施錠について

ドアの鍵は2ロック式で、鍵は強固なものです。これは、入居先の物件にもよりますが、私は交渉して、自費で鍵を交換しました。出かける際には必ず施錠します。ごみ出しなどのわずかな時間も侵入者は狙っています。近くへの外出でも鍵をかけます。家に戻ったら、鍵を開ける前に、周りを確認して、一度ブザーを鳴らしてから鍵を開けます。「ただいま」などと言いながら家に入り、家族が家にいることをうかがわせます。入ったら、すぐチェーンと鍵をかけます。 

エレベータでの対策について

エレベーターに乗る前には、まず周囲を確認し、怪しい人とふたりきりで乗らないようにし、「怖い」と思った時は、近くの階のボタンを押し、降ります。そのエレベーターが何階で止まったかしっかりチェックしてから、改めて目的の階まで乗り直します。エレベーター内では、安全のために、非常ベルや行き先ボタンが押せて、サッと降りることができるドア前に、同乗者に背中を見せず、壁を背にして立ちます。

身に付ける小型防犯カメラ

小さな隠しカメラを身につけておくと、いざという時に役に立つかもしれません。
服のボタンサイズのカメラがあったら、いつもカバンにつけているキーホルダーにさり気なく取り付けておくといいかもしれないと思いますが、今のところ、なかなかいいものには出会えていません。ブローチ型のおしゃれなカメラなどが出ないかなと期待しているのですが。

来訪者の対処

来訪者が来たら、必ずインターホンで相手を確認し、相手の身分と用件がはっきりするまで、鍵を開けません。宅配業者の場合は、「誰からの荷物なのか」等をきちんと確認し、荷物は玄関前に置いて行ってもらうなど、中には入れません。チェーンをかけたままでも、受け取りのサインはできますから。暗い玄関の外では誰が通り、誰が侵入してくるかわかりません。現在はドアに簡易カメラを取り付けています。できれば、暗闇でも侵入者がはっきり映る赤外線カメラ、威嚇効果もありそうな、防犯灯の機能もついたカラー映像のカメラが設置できたらいいなと思います。

窓の防犯について

窓の鍵は外出時は全ての窓に施錠します。夏なども暑いからといって窓を開け放したまま寝ることはしません。高層階に住んでいると、つい、安心しがちですが、油断は禁物です。

表札の工夫

表札は苗字だけにし、無機質なものにします。ポストも同じように苗字だけにします。

ゴミ出しの注意点

ゴミ出しは、物色されないよう、収集直前にゴミを出すことにしています。ゴミ袋の外から中が見えないようにゴミは新聞で包んでからゴミ袋に入れます。また、個人名や電話番号など、個人情報がわかるダイレクトメールや宅配便の送り状などはシュレッダーで細かく裁断して、わからないように注意します。

このように、未然に防ぐ工夫や努力をしていると被害に遭いにくく、万一、遭ったとしても、最小限の被害で済みます。

ご意見投稿お待ちしています!!