隠しカメラのメリットは壊されずに済む事

壊れた鍵

隠しカメラか堂々と見せる防犯カメラのどちらがいいのか

もし防犯カメラを設置するとしたら玄関のパッと見て分かる場所
に設置したいです。カメラがあると分かれば、空き巣はわざわざ
その家を狙おうとは思わないはずです。ですが、
堂々と防犯カメラを設置するにしても、田舎の一軒家だと
逆に浮いてしまって、ちょっとご近所付き合い的にも
恥ずかしいと思う人もおられるのではないでしょうか。

隠しカメラなら壊されることがなく録画できる

見せるタイプの防犯カメラは、死角を見つけられるという点と
壊すことができるので、対策をとられてしまうというデメリットが
あります。一方隠しカメラなら壊さえること無く、しかも
ご近所様の目も気にせずしっかりとセキュリティを高めること
ができます。

また、隠しカメラなら服のボタンぐらい小さなカメラで
天井以外にも様々な雑貨に紛れ込ませることができるので
色んなアングルから撮れるというメリットがあると思います。

防犯対策は基本から

私が行っている防犯対策は、まず戸締りをきちんとすることです。
そして、夕方から夜にかけては家の中の明るさに気をつけています。
この時間帯に留守をするときは、1部屋だけでも明かりをつけて
カーテンを閉め、明かりが漏れるようにしておきます。

暗くなりかけた夕方から、寝る時間頃までの間に
電気がついていない家は留守だと思われて
空き巣に狙われると思うからです。

また、歩けば音のなる砂利も気になっています。
このように、防犯カメラも視野に入れて、
戸締りをしっかりすることと留守を悟らせない基本的な方法から
防犯対策をしていきたいと思います。

ご意見投稿お待ちしています!!